安全への配慮

SAFETY

ぬくもりのおうち保育ではけがや病気に対する処置、子どもたちの安全面に考慮した対策を行っています。

日々の生活を健康的で安全に過ごせるよう、職員全員が徹底して進めています。

怪我を未然に防ぐ対策

INJURY MEASURES

安全チェック

常に掃除・片付け・周囲確認・配慮

怪我が起こらないように常に園内の掃除を心がけています。小さなおもちゃを踏む、つまづいて転ぶなどの不意の事故を避けるため、子ども達が遊んでいる最中でも周辺の様子を確認し、配慮します。

ヒヤリハット共有

日頃から未然に防ぐための共有

毎日の保育の中で、ヒヤリとした出来事や、ハッと気づいたことを「ヒヤリハット報告書」にまとめ提出して共有することで、未然に防ぐことのできる事案として認識し、日ごろから職員間で話し合い共有をしています。

病気や感染症を予防する対策

DISEASE CONTROL

予防と検査の徹底

ペーパータオル使用と毎月の検便

感染症を予防するため、持ち込みの手拭きタオルは使用せず、一年中ペーパータオルを使用します。また、職員全員が毎月検便を実施しており、病原菌の持ち込みがないように徹底しています。

保育エプロンルール

衛生面への配慮とアレルギー対応

保育中と給食時はそれぞれ違うエプロンを使用し、衛生面の配慮を行っています。給食時はアレルギーのあるお子様に対して別食器・トレーに乗せ、別テーブルに職員一人が付き、誤食がおきないよう心がけています。

毎日の掃除と消毒

毎日の未然に防ぐ対策

感染症を未然に防ぐため、毎日の掃除とおもちゃの消毒を行っています。小さなことからではありますが、この小まめな対応が、感染症への最大の対策です。毎日使う物だから、安心で安全な環境を作ることを第一にしています。

感染症発生時の対応

INFECTIOUS DISEASE OUTBREAK

情報共有の徹底

厚生労働省のガイドラインに沿った対応

感染症が出た時点で保護者の皆様にすぐ情報共有します。
感染した子どもは、厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」に沿ってお休み期間を設けます。

嘔吐マニュアル

安心して落ち着けるための付き添いと連絡

子どもが嘔吐した際はマニュアルに従った処理を行います。嘔吐した子どもの中には、吐いたことに対して怖がってしまうこともありますので、なるべく安心できるように一人の保育士が励まし、落ち着くまで付き添います。嘔吐した際は熱がなくても保護者に必ずご連絡します。

散歩中の安全対策

WALK MEASURES

複数引率と散歩ルール

横断歩道や自転車に対する取り決め

散歩は複数人の保育士で引率し、子ども達の安全を心がけています。お散歩先と道順は決めており、子ども達が安全に歩けるコースを共有した上で行います。基本的に毎日お散歩を実施していますが、暑さが厳しい場合は中止しています。
横断歩道を渡る際は、必ず職員が真ん中に立ち、車などが来ているか確認しながら誘導します。自転車が横切る際にも、職員が全体に呼びかけて接触を避けます。

防犯に関する対策

INFECTIOUS DISEASE OUTBREAK

セキュリティ強化

防犯カメラ設置と安全体制の確認

ぬくもりのおうち保育では、各保育園に防犯カメラを設置しています。
防犯体制やセキュリティ面を強化し、お子様の安全の確保に努めています。