ぬくもりのおうち生江園 園長 原田久美子先生
園長

ぬくもりのおうち
認可保育園 生江園

原田 久美子 先生

(保育歴12年)

一瞬一瞬を、大切に。

これまで認可園、院内保育所などで保育士として経験し、ぬくもりのおうちに入職しました。

園長になることに対し、とても不安やプレッシャーもありましたが、自分が園長として様々な場面で考え、決断していくことで、自信につながってきたように思います。

子ども達は日々変化し、成長していきます。昨日出来なかったことが出来るようになったり、その成長を間近で感じられることはとても楽しく、やりがいを感じます。

食べることが苦手だった子が、保護者さまや職員たちとも協力しあって工夫した結果、「おいしい!」と笑顔で食べるようになった時は、一緒に喜び合いました!

保護者さまや職員同士とその喜びを感じ合い、共有している時は、この仕事をやっていて良かったと心から思います。

家と園の一方だけで子どもが成長することはありません。みんなで一緒に子どもを育てることで、自分も育ててもらっていると感じます。

一瞬一瞬が大切な瞬間だと思い、保護者さまたちと一緒に子どもの成長を見守っていきたいと思っています。

子どもたちにとっても保護者さまにとっても、初めての保育園であることが多いこの園なので、【おうちと保育園の真ん中】を目指して、みんなが楽しく居心地のいい保育園であれるように、日々心掛け楽しく働いています。

ぬくもりのおうち梅香園 園長 林麻希子先生
園長

ぬくもりのおうち
認可保育園 梅香園

林 麻希 先生

(保育歴11年)

幼い頃からの夢を、もう一度。

大阪城南女子短期大学卒業後、認可園で4年間保育士として働きました。子どもを出産してからは、パート保育士として仕事に復帰しています。

自宅の近くで「ぬくもりのおうち」を見かけ、「何だろう?」と興味を持ちました。大きな認可園は経験していましたが、少人数制の保育に興味を持ち、働いてみようと思いました。自分自身がママとなり、何かが変化したのかもしれません。


子ども達と日々、顔を合わせていると、その成長がとても身近に感じられることが喜びです。歩いてなかった子が歩き始めたり、言葉が増えたり。どんどん愛着が湧いてきて、「かわいい」と思います。自分の子どもがまだ1歳になる前から仕事に復帰したので、子どもが寂しい思いをしていないか心配な時もありました。


でも、今となっては、「離れている時間があるからこそ一緒にいる時間を大切にしよう」と思えるようになりました。

子どもが急な病気などで休みを頂くこともありましたが、皆さん快く理解して頂いて、すごく助けてもらっています。

私自身がママであり、保育士として、自分の子どものように園の子ども達を“大切”“かわいい”と思って接しています。

また、一緒に子育てしている仲間として、ママ達に寄り添っていけたら、と思います。子どもは本当にかわいいです。

笑顔いっぱいで、「せんせー」と甘えてくれる時、最高に幸せだと思います。楽しいばかりの仕事ではないですが、その分、癒してくれるのも子ども達です。ぜひ、一緒に頑張りましょう。

ぬくもりのおうち上新田園 園長 土田梨華子先生
園長

ぬくもりのおうち
認可保育園 上新田園

土田 梨華子 先生

(保育歴7年)

家庭的で温かい保育のかたち

大阪青山短期大学を卒業後大規模保育園で4年間保育士として働いてきました。

学生時代から小規模保育所での家庭的な温かい保育をしていきたいという夢を持ちまず大規模保育園での経験を経てから小規模保育所に転職しました。


「ぬくもりのおうち」は小規模保育所を探している際にHPを見て名前の「ぬくもり」というワードがとても気になりぬくもりのおうちへの転職がきっかけとなりました。

小規模ならではの子どもや保護者との密な関わりを持ち、天気のいい日はお散歩に出かけたり保育士と一緒にままごと遊びをしたりと家庭的な温かい保育をすることが出来ています。

職員同士の協力もとてもあり良いチームワークで家族のように一日を過ごし、保育士同士や子どもたちとの距離が近くとにかく毎日楽しく仕事がすることが出来ています。

ぬくもりのおうち城東中央園 園長 上地美香先生
園長

ぬくもりのおうち
認可保育園 城東中央園

上地 美香 先生

(保育歴19年)

夢がかなう場所

私は幼稚園教諭の資格しか無く、公立の保育所のパートタイムから保育士を始めました。

保育園でのお仕事は毎日が楽しく、保育士になりたい!!という思いが強まり、働きながら夜間の専門学校で保育士資格を取得し晴れて保育士になりました。

それからずっと保育士として働いております、日々保育士はとても素敵な仕事だと改めて実感しています。


ぬくもりのおうちで園長のお仕事をさせていただき毎日が大変な日々ですが、それに勝る感動や楽しさがあります。

保護者の方がよく言われる小規模保育園ならではのほっこりとした雰囲気は、きっと子どもたちやスタッフをみて感じていただいているのだと思います。


大変な日々は自分を大きく成長させてくれます。私自身も学びの毎日だと一進一退しています。

考えたり悩んだりしますが、すぐそばに相談できる先輩や同僚が居ます!

お互いを高め合えるそんな環境。頑張りが認められる環境。そんな夢が叶う場所だと私は思います。

ぬくもりのおうち梅香園 保育士 山門真菜先生
保育士

ぬくもりのおうち
認可保育園 梅香園

山門 真菜 先生

(保育歴3年)

おうちのように暖かい愛情を沢山もらえるところ

私は妹が小規模保育園に通っていたので、学生時代から一人ひとりの子どもと密に関わることのできる小規模保育園で働きたいと思っていて、短期大学を卒業後にこちらのぬくもりのおうちで働き始めました。


私のいる園は子ども10人に対し、先生が園長を入れて5人の園なので、子どもたちの日々の小さな発見を一緒に驚いたり共感できたり成長に気付いて皆で一緒に喜びあったり、泣いている子どもや甘えたい子どもの気持ちを感じてすぐに抱き締めてあげることもできて、子ども一人ひとりのペースにあわせた関わりができるところが良いところだと思います。

"ぬくもりのおうち"という名前のとおり、子どもたちにとって、楽しくて優しくて安心できる、もうひとつのおうちのように暖かい愛情を沢山もらえるところでありたいと思っています。


子どもたちは勿論、先生たちも仲が良く笑顔が絶えないアットホームな保育園でいつも楽しい気持ちで働けています!是非一緒にがんばりましょう!!